NEWS ニュース
NEWS ニュース

HOME > ニュース >  【終了】島村祥太 作品展

【終了】島村祥太 作品展

 

 

会期:2019年4月28日(日)〜30日(火)

時間:12:00〜18:00

場所:オルタナティブスペース コア(広島市中区基町19-2-448 基町ショッピングセンター内)

 

オープニングパーティ:4月28日(日)14:00〜16:00

 

このたび、基町ショッピングセンター内にあるオルタナティブスペースコアにて「島村祥太作品展」を開催いたします。

 

島村祥太は昨年、放課後等デイサービス「ボーダレスアートスペースHAP」を卒業した19歳のアーティストです。世界中にダンボールを素材として制作する作家がいるなか、彼がもつ特徴は、作品であるダンボールコスチュームを自らが装着しパフォーマンスを行うことの他に、それらのコスチューム作品が持ち運べるような折りたたみ式で作られていたり、印籠の形をした作品が拳銃に変化したり、バイオリンを模した作品の蓋が開いて物が入る仕組みになっていたり、昆虫型の作品の羽が開いたりというような物理的構造に沿って考えられたギミックを仕込んでいることです。

 

私たちがいつも見ているダンボールとは思えないほどに豊かな表現が詰まった作品たちを是非多くの方々に見ていただき、彼の繊細で丁寧な技とダンボールアートに注ぐ集中力や熱を体感していただけると幸いです。

 

島村 祥太(しまむら・しょうた)

 

1999年生まれ。ボーダレスアートスペースHAP出身。

 

主に段ボールを素材とした作品を制作する。

昆虫や動物、乗り物など、自身が興味を持つものを研究し、ヴィジュアル

から構造までを実物のように作り上げる他、パフォーマンスも行う。

 

○展示歴

 

2019年3月

『3331 ART FAIR 2019』アーツ千代田3331、東京

 

2018年11月〜2019年3月

『かたどりの法則』鞆の津ミュージアム、広島

 

2018年7月〜8月

『ポコラート全国公募展Vol.8』アーツ千代田 3331、東京

 

2018年3月

『僕がHAPPYになれる場所ー18歳の門出編ー』ギャラリーG、広島

 

2017年6月

『HappyでArtでPopなTシャツ展 vol.3』ギャラリーG、広島

 

2017年2月

『アートによる新しい研究展示vol.3 僕がHAPPYになれる場所』

ギャラリーG、広島

 

○受賞歴

 

2018年1月 『ポコラート全国公募 vol.8』 入選

2018年7月 『アート・ルネッサンス2018』 最優秀賞