NEWS ニュース
NEWS ニュース

HOME > ニュース >  【延期】gallery exchange 2015‥BION-ISEIJIN solo exhibition in Daegu

【延期】gallery exchange 2015‥BION-ISEIJIN solo exhibition in Daegu

photo by Gintong Chen

photo by Gintong Chen

2015年6月21日から予定していたこの企画は、
韓国でのMers感染拡大により延期となりました
this exhibition is put off, because of MERS.

 

Japan×Korea gallery exchange 2015
Hiroshima→Daegu

  • 美音異星人個展『実は、アーティストは異星人になる』
  • 会期:未定
  • 場所:7T gallery (大邱市/韓国)
    (Daegu Suseong-gu Beomeo-ro 191-1,KOREA / 대구광역시 수성구 범어로 191-1)

 

2015年6月、未確認飛行物体が韓国第四の都市大邱に着陸。
異星人のフィルターを通して感じた韓国大邱へのメッセージをインスタレーションとアートパフォーマンスで表現する。

—————————————————————————-

 

BION-ISEIJIN Solo Exhibition

“As a Matter of Fact, the Artist Becomes an Alien!”
@7T gallery(Daegu/KOREA)
(Daegu Suseong-gu Beomeo-ro 191-1,KOREA / 대구광역시 수성구 범어로 191-1)

 

UFO lands at Daegu in June 2015.
The alien wants to convey a message to Daegu by installation and performance.

 

email: gg@gallery-g.jp

—————————————————————————-

美音異星人(びおんいせいじん)

http://bionartpower.wix.com/bion-iseijin

1998年、豊島びおん(本名:豊島隆弘)が第1回岡本太郎記念現代芸術大賞展で「音感」を発表。その際のパフォーマンスがきっかけで「美音異星人」が誕生する。美音発生装置である「美音マシン」を操作し、全身バネだらけのアーティスト養成ギプスを装着するのが主な特徴。パフォーマンスのほかにも、美音や身体性をテーマとした絵画、グラフィック、イラストレーション、音楽、映像なども随所で発表している。

■TV出演
たけしのだれでもピカソ(TV東京)
■展覧会・パフォーマンス
2004年 「悪と戦う」(Winds Gallery/東京)
2006年 JCDN踊りに行くぜ!!vol.6(広島市立現代美術館)
2007年 Bloody Corporeal cyborg 血みどろ身体性(gallery G/広島)
2009年 JCDN踊りに行くぜ!!vol.10(春日井/広島)
2010年 JCDN踊りに行くぜ!!vol.10(ミニダンスフェス/別府)、TRY A DANCE(広島アステールプラザ/広島)
2013年 「私の表現身体」(Art Space HAP/広島)、「横川商店街劇場」(横川商店街~横川シネマ前/広島)、 FUKUYAMA ART WALK 2013(アイネスフクヤマ/福山市)、「全力」~異能者たちの狂宴・音楽と肉体編~(ふらんす座/広島)
2014年 変態パフォーマンス級ドリームマッチ!!in ブルーラボ(広島アリスガーデン/広島)、台灣×廣島 超肉體進擊大作戰!!(台日交流Cafe & Bar Kiseki/梵谷星空夜間景觀咖啡/Polymer、江山藝改所、INSTANT 42/Taiwan)
2015年 西条酒蔵芸術祭Connect(西条酒蔵通り賀茂鶴酒蔵/広島)
—————————————————————————-

BION-ISEIJIN (TOYOSHIMA Bion)

http://bionartpower.wix.com/bion-iseijin

Born in Hiroshima Prefecture in 1967.

Graduated from Musashino Art University (Tokyo), major of scenic art in 1991.

He has performed as “BION-ISEIJIN” since 1998. The name means “an alien on the star of beautiful sounds.”

He performed a program titled “sense of sound” in the 1st Exhibition of “Taro Okamoto Award for Contemporary Art” in 1998. Since this time, he has been called himself “BION-ISEIJIN”.

While the performance, he plays “BION(beautiful sounds) Machine”, and wears “training armor to be an artist.” that is made by springs all over his body.

In addition to performing, he has showed painting, graphic design, music, video and so on.