NEWS ニュース
NEWS ニュース

HOME > ニュース >  【終了】日韓ギャラリーエクスチェンジ企画開催

【終了】日韓ギャラリーエクスチェンジ企画開催

 

 

 

 

 

———————————————————–

日韓ギャラリーエクスチェンジ

青原恒沙子個展
“It’s already far away.”

2016.10.5(水)−9(日)12:00-19:00
@7t gallery (大邱市/韓国)

———————————————————–

今回の個展では時間の流れをテーマに平面作品、インスタレーション作品を展示する。

自身の作品のインスピレーションの元となるのは、電車で旅をしている時に窓の外に見る流れ行く風景や、日常のふとした時に気づく、部屋に差し込んだ光が作 り出す時間の動きなどである。緩やかに動く時間や、過ぎ去っていく風景。そんな風景や時間に思いを馳せるのは人間だけであり、各個人が持つ時間の流れは緩 やかであったり急いで過ぎるものであったりと変動するものである。そんな時間の流れを旅の道中に電車の中で見た風景や、自分の部屋の中で軌跡を残していく 光など、個人的に見た風景から表現する。

また、作品においては、写真に写した風景を溶剤により支持体に転写することで、どこか遠い、距 離 のある風景を表現してきた。それは、白いパネル上に表現され、電車の窓から見える風景のように水平線上に並ぶインスタレーションという形を取ったり、ばら つきのある記憶のように曖昧さを持って並ぶ作品として展示されたり、それぞれ元になった風景のイメージに即して空間に設置される。

私の表現する風景と、鑑賞者の中にあるいつかのどこかの風景とが交わることがあれば、と思う。(青原恒沙子)

 

  • 青原 恒沙子(あおはら ひさこ)

http://piskunst1te.wixsite.com/hisako-aohara

1993.01 広島に生まれる
2011.04 広島市立大学 芸術学部 美術学科 油絵専攻 入学
2013.09-2014.07 ドイツ連邦共和国ハノーバー専科大学にて交換留学
2015.03 同大学 卒業
2015.04 広島市立大学  芸術学研究科 造形芸術専攻 博士前期課程 入学
2016.04~公益財団法人佐藤国際文化育英財団 平成 28 年度 第 26 期奨学生
2016.現在 広島市立大学  同研究科 在学

【グループ展】
2014.06 ハノーバー専科大学交換留学生による「How to look at it」展、ドイツ/ハノーバー
2014.06 ハノーバー専科大学交換留学生有志による「PUNKT」展、ドイツ/ハノーバー
2015.02 広島市立大学卒業、修了制作展
2015.07 グループ展「-theōrein-」、広島芸術センター

​【企画展、個展】

2016.07 galleryG企画展「Gセレクション」、青原恒沙子個展「遠い風景」

 

———————————————————–
Japan×Korea Gallery Exchange
Hisako Aohara solo exhibition
“It’s already far away.”

5 (wed)-9(sun) October 2016
12:00-19:00
@7t gallery (Daegu Suseong-gu Beomeo-ro 191-1, Korea)

———————————————————–

 

“It’s already far away.”

The show “It’s already far away” is an exhibit of flat panels and installations focusing on the flow of time.

My art is inspired by the scenery as it passes past a train window during a trip. My art is inspired by the movement of time as the light dances into daily life into my room, Time gently flows and the scenery slips by.

Only human beings give thought to scenery and time, time flows different for each individual; One time it passes by gently, another hastily. I express my own time flow from my personal perspective, such as the scenery from a train window during my trip or the light as it leaves tracks in my room.

For my artwork, by transferring the photographic image of the scenery to the panel using a solvent, I have expressed a scenery that is somewhat far and distant. It is expressed on the white panel. It is an installation horizontally displayed as it would from the train window—as an artwork of ambiguity and scattered memories. It is set in the space based on each image of the original scenery.

I hope my scenery and the scenery from someone else’s world someday or somewhere could interact each other.

  • Hisako Aohara

1993.01 Born in Hiroshima
2013.09-2014.07 Studied as an exchange student at Hochshule Hannover, Hannover, Germany
2015.03 Graduated from Oil painting course, Department of Fine Arts, Faculty of Arts, Hiroshima City University
2016.04~ receives a scholarship from Sato International Cultural Scholarship Foundation
Present Studies at Department of Painting, Graduate School of Arts, Hiroshima City University

【GROUP EXHBITION】

2014.06 “How to look at it”, Konnektor, Hannover, Germany
2014.06 “PUNKT”, studio of Edin Bajric, Hannover, Germany
2015.02 “Graduation Exhibition of  Faculty of Arts, Hiroshima City University”, Hiroshima City Museum of  Contemporary Arts, Hiroshima
2015.07 “-theōrein-”, Hiroshima Art Center, Hiroshima

【SELECTED SOLO EXHBITION】

2016.06  “a distant landscape”, GalleryG,  Hiroshima