gallery G(ギャラリーG)

NEWSニュース

HOME > ニュース >  3/20、21に旧日銀広島支店で開催のダンスパフォーマンス 観覧予約受付中

3/20、21に旧日銀広島支店で開催のダンスパフォーマンス 観覧予約受付中

 

 

 

 

 

ひろしまの家

 

 

本展は、“振り付けられる身体”に注目して制作を行う新庄恵依のパフォーマンスを上演する企画です。今回初となる広島での公演は、『なにもないへや』(2014)と『ひろしまの家』(2018)を再構成して上演致します。

 

『なにもないへや』は、家の喪失をテーマに制作されました。パフォーマンスでは、パフォーマーが観客にかつて住んでいた家について話を聞き、身体の動きや身振りでその家を構築していきます。観客は私的な記憶と現前する光景が混ざり合い、場が変容していく様子を目撃するでしょう。

 

『ひろしまの家』は、ある女性が広島で被爆した際に住んでいた家についてのパフォーマンスです。この作品では、声と身体を用いて原爆投下以前の広島での暮らしを浮かび上がらせます。当時人々の間で交わされた会話や生活の痕跡は、現在の私たちに何を語りかけるでしょうか。

 

会期二日目には『なにもないへや』で集まった家々の断片を、2018年に上演した『ひろしまの家』に組み合わせ、新たな『ひろしまの家』として発表する予定です。会場となる旧日本銀行広島支店は、長野宇平治の設計により1936年に現在の場所に建てられました。1992年には銀行としての役割を終えましたが、当時の名残が随所に感じられる広島市指定の重要有形文化財です。現存する被爆建物の一つである旧日本銀行広島支店で、現在の広島と過去の広島の姿が重なり合う瞬間に是非お立会い下さい。

 

パフォーマンススケジュール

3/20sat
10:00-17:00 『なにもないへや』* 振付・出演/新庄恵依

3/21sun
10:00-15:00  『なにもないへや』* 振付・出演/新庄恵依
16:00-16:30  『ひろしまの家』振付・出演/新庄恵依
16:30-17:00    ポストパフォーマンストーク 武藤大祐 × 新庄恵依

 

*ご予約について
『なにもないへや』は一回につき一名様のみ観覧可能です。

3/20 10:20-17:00、3/21 10:20-15:00までの間で観覧予約を受け付けております。

ご予約は下記URLよりお申し込み下さい。

https://houseinhiroshima2021.peatix.com

ご予約がない場合でも当日空きがあればご観覧頂けます。

 

新庄恵依 Mei Shinjo

ダンサー、振付家。日常的な身振りをモチーフに、身体と空間の関係を考察したダンス、パフォーマンス等を制作している。またMVへの出演や音楽家との共演も行う。東京藝術大学音楽環境創造科卒業後、同大学大学院美術研究科修了。現在は横浜と広島を拠点に活動。主な作品に、観客とパフォーマーが一対一で行うパフォーマンス『なにもないへや』(2014)や、都市の設計を振り付けとして解釈し直す映像シリーズ『Chor(e)ography』(2013-2019)がある。広島で被爆した女性のインタビューを元に制作したパフォーマンス『ひろしまの家』(2018)はSICF19 PLAYにて山城大督賞を受賞。
https://meishinjo.tumblr.com/

 

 

文化庁委託事業 令和2年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 現代舞踊新進芸術家育成 アウトリーチProject「劇場外での実践と地域へのコミットメント」
主催|文化庁、一般社団法人現代舞踊協会 
企画|meishinjo 
協力|FREE HEARTS、gallery G(一般社団法人HAP)
お問い合わせ|meishinjo.info@gmail.com