gallery G(ギャラリーG)

EXHIBITIONS展覧会情報

>  >  リンドン・ラスク・リード Lyndon Lusk Lehde  バヤニハン−内なる幸せ Bayanihan- Happiness Within

リンドン・ラスク・リード Lyndon Lusk Lehde  バヤニハン−内なる幸せ Bayanihan- Happiness Within

写真展
リンドン・ラスク・リード Lyndon Lusk Lehde 

バヤニハン−内なる幸せ Bayanihan- Happiness With in

  • 会期:2021/2/16(Tue)〜21(Sun)
  • 時間:11:00〜20:00(Last day 〜17:00)
  • 会場:gallery G (広島市中区上八丁堀4-1アーバンビューグランドタワー 公開空地内)

www.lyndon.art

 

フィリピン文化における「バヤニハン」とは、限られた資源にもかかわらずコミュニティの皆で集まって互いに助け合い、目標を達成したり課題を解決したりする助け合いの精神として定義されています。フィリピンの人々は、困難な状況でも前向きであり続ける事が多く、それは彼らの社交的な性格と温かい笑顔に反映されています。 

Bayanihan in Filipino culture is defined as a community coming together and supporting each other to achieve a goal or overcome a problem, despite their limited resources. The Filipino people often remain positive during these challenging times, which is often reflected in their outgoing personalities and warm smiles. 

 

撮影された写真を通してバヤニハンに触れ、皆さんご自身の幸せの定義について考えて頂けることが、写真家としての願いです。  

It is the hope of the photographer that you can observe Bayanihan through his images and reflect on your own definition of happiness.  

 

  • リンドン・ラスク・リード Lyndon Lusk Lehde 略歴
    ニューヨーク大学にて芸術学位取得。在学中に映像制作を学び、Film Festivalにおいても自作の映画を発表。卒業後はニューヨークで映像関係の仕事に就き、映画映像編集者としても活躍。現在は広島文教大学にて英語講師として勤務し、映像制作の講義も担当。